Gitでリモートのブランチの一覧を確認する方法!

Gitでリモートのブランチの一覧を確認する方法をご紹介します。自分以外のメンバーが作ったリモートのブランチをコマンドやGUI上で素早く確認できるようにしましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1Gitでリモートのブランチの一覧を確認する方法
  2. 1.1コマンドから確認
  3. 1.2Github(GUI上)で確認

Gitでは手元のマシン上にあるローカルブランチと、Githubなどのリモートにあるブランチの2種類があります。

ローカルブランチは自ら開発したブランチが主のため、どんなブランチがあるか把握できていますが、リモートのブランチは他の開発メンバーが作ったブランチもあるため一覧として確認したいときがあります。

今回はGitでリモートのブランチの一覧を確認する方法の紹介です。

Gitでリモートのブランチの一覧を確認する方法

早速ですが、リモートのブランチの一覧は下記のいずれかで確認が行えます。

コマンドから確認

gitのリモートのブランチの一覧表示

# ローカルを最新化
git fetch

# リモートのブランチの一覧を表示
git branch -a

* master
  remotes/origin/work
  remotes/origin/product

上記のコマンドではまず、リモートにあるリポジトリから最新の情報をfetchで取得しています。その後リモートのブランチの一覧をgit branch -aのコマンドで表示させています。

Github(GUI上)で確認

またGithub上などGUIでブランチの一覧を確認することも出来ます。

Github上でリモートブランチを確認
該当のプロジェクトのGithubのページを開き、この画像のようにブランチの一覧を確認することが出来ます。

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次