Gitでローカルブランチを削除する方法をご紹介!

Gitでローカルブランチを削除する方法を紹介します。ローカルブランチの状態によって削除用のオプションが異なりますので注意しましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1Gitでローカルブランチを削除したい
  2. 2Gitでローカルブランチを削除する方法
  3. 2.1マージ済のブランチ
  4. 2.2マージされていないブランチ
  5. 2.3まとめ

Gitでローカルブランチを削除したい

Gitで不要になったローカルブランチを削除する場合にはローカルブランチの削除コマンドを実行する必要があります。

一方でローカルブランチの状態は様々で、例えばマージされていないブランチや、マージ済のブランチによって実はGitのブランチの削除コマンドが異なります。

今回はGitでローカルブランチを削除する方法を解説していきます。

Photo bykreatikar

Gitでローカルブランチを削除する方法

それではケース別にGitのローカルブランチの削除コマンドを紹介していきます。

マージ済のブランチ

マージ済のブランチで不要になった場合は下記のコマンドでローカルブランチを削除しましょう。

マージ済のブランチの削除

git branch -d ローカルブランチ名

上記のコマンドでローカルのブランチが削除されます。(リモートは消えません)

マージされていないブランチ

まだマージしていないブランチに対してはGitは気をきかせて上記のgit branch -dで削除しようとするとエラーを表示します。

マージされていないブランチに対してもローカルのブランチを削除するには下記を実行しましょう。

マージされていないブランチの削除

git branch -D ローカルブランチ名

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マージされていないブランチを削除する方のオプションで削除すれば、両方のパターンでブランチが削除できますが、両方のパターンを把握しておきその使い分けができればより安全にブランチ管理が出来ます。

ぜひ今回紹介した内容をお試し下さい。

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次