git diffでファイル名のみの差分を表示する方法!

git diffでファイル名のみの差分を表示する方法を紹介します。通常git diffではファイルの内容の差分まで表示しますが、ファイル名の差分のみを見たい場合にはオプションが必要です。

コンテンツ [表示]

  1. 1git diffでファイル名のみの差分を表示したい
  2. 2git diffでファイル名のみの差分を表示する方法

git diffでファイル名のみの差分を表示したい

Gitで差分を表示するにはgit diffを利用しますが、git diffは何もオプションを付けずに実行するとファイルの内容の差分まで表示します。

git diff

git diff
diff --git a/test.txt b/test.txt
index a78b194e..27f3f55a 100644
--- a/test.txt
+++ b/test.txt
+
+  aaa
+

ファイルの内容ではなくファイルの一覧のみを見たい場合には上記のやり方では見づらく、今回はgit diffでファイル名のみの差分を表示する方法を紹介します。

git diffでファイル名のみの差分を表示する方法

下記のようにgit diff--name-onlyオプションを付けることで、差分の表示をファイル名のみに限定することが出来ます。

git diffでファイル名の差分を表示

git diff --name-only

# 結果
test.txt

もしもブランチやコミットを指定して比較したい場合は下記のようにしましょう。

git diffでファイル名の差分を表示

# コミットを指定
git diff コミットハッシュ --name-only

# ブランチを指定
git diff ブランチ --name-only
今だけ
無料

【7月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次