Gitで空コミットを行う方法をご紹介!

Gitでは更新ファイルに対してメッセージを付けてコミットを行います。ですが、更新ファイルがない場合でもコミットを行いたいときがあります。そんな時には空コミットが使えます。この記事ではGitで空コミットを行う方法を紹介していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1Gitで空コミットを行う方法

Gitでは新しくファイルを作成したり、既存のファイルを編集したりして更新内容があった際にコミットを行うことが一般的ですが、最初のコミット時など更新ファイルがない場合でもコミットを行いたい場合があります。

実はGitでは初回コミット時などの更新ファイルがなくても、空コミットというのを行うことが出来ます。

この記事ではGitで空コミットを行う方法を紹介していきます。

Gitで空コミットを行う方法

空コミットを行うには--allow-emptyオプションを使う必要があります。git commitコマンドに--allow-emptyオプションを使うことで空コミットを行うことが出来ます。

その後は通常のコミットと同じように扱うことが出来るようになります。

git commit --allow-empty

また、通常のコミット同様に-mオプションでメッセージを付けることも出来ます。

git commit --allow-empty -m "空コミット"
今だけ
無料

【7月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次

みぎさん
ライター

みぎさん

大阪府の現役システムエンジニアです。WEB制作やWEB開発、ライティングなど幅広く活動しております。 【言語/FW】HTML,CSS,Sass,JavaScript,jQuery,Vue.js,PHP,WordPress,Laravel,Java