PHPで配列を文字列に変換する方法をご紹介!

配列の値を文字列に変換したい場面に遭遇したことはないでしょうか?配列の値を文字列に変換することでデータとして扱いやすくなったりします。この記事ではPHPで配列を文字列に変換する方法をサンプルコード付きで紹介していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1PHPで配列を文字列に変換する方法
  2. 1.1implode関数
  3. 1.2json_encode関数
  4. 2まとめ

配列の値をテキストにしてデータベースやファイルに保存したりしたいときがあります。そのためには配列を文字列に変換する必要があります。

この記事ではPHPで配列を文字列に変換する方法をサンプルコード付きで紹介していきます。

PHPで配列を文字列に変換する方法

ここではPHPで配列を文字列に変換する2つ関数を紹介していきます。

implode関数

まずは、implode関数です。PHPで関数を1つの文字列に変換するのに一番用いられる関数です。

implode関数の使い方は第一引数には配列の値を区切る文字を指定します。第二引数には文字列に変換したい配列を指定します。

すると、戻り値として第二引数の配列の値を第一引数の区切り文字で連結して1つになった文字列が返ってきます。

json_encode関数

次に紹介するのはjson_encode関数です。json_encode関数はJSON形式の文字列に変換してくれる関数です。

json_encode関数の使い方は引数に配列を指定するだけで文字列に変換してくれます。配列の表示をそのまま保った1つの文字列を戻り値として返します。

引数に配列ではなく連想配列を渡すことでJSON形式の文字列を戻り値として返してくれます。json_encode関数はJSON形式のデータを生成するときに使われることの方が一般的かと思います。

まとめ

PHPで配列を文字列に変換する方法を紹介してきました。implode関数の方が区切り文字を指定することができるのでカスタマイズ性には優れていると言えます。json_encode関数はPHPで生成した連想配列の値をJSON形式の文字列に変換して、フロントエンドにデータを渡すことが簡単にできます。どちらの関数にも一長一短がありますので、使い分けれるようになりましょう。

今だけ
無料

【5月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを5月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを5月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次

みぎさん
ライター

みぎさん

大阪府の現役システムエンジニアです。WEB制作やWEB開発、ライティングなど幅広く活動しております。 【言語/FW】HTML,CSS,Sass,JavaScript,jQuery,Vue.js,PHP,WordPress,Laravel,Java