PHPでユーザーエージェントを取得する方法を解説!

PHPで訪問者のOSやブラウザ情報が格納されているユーザーエージェント(UA)を取得する方法をサンプルコード付きで解説いたします。UAはブラウザ判定や端末判定などに利用出来ます。

コンテンツ [表示]

  1. 1PHPでユーザーエージェントを取得する方法

ユーザーエージェントはブラウザがWEBサーバーにアクセスする際に付加する自身のOSやブラウザ、端末情報などの事です。サービス提供側はユーザーエージェントを見ることで訪問者が

  • 人なのかクローラーなのか判定
  • PCなのかスマホなのか判定
  • iPhoneなのかAndroidなのかデバイス判定
  • ChromeなのかSafariなのかブラウザ判定
など判別することが出来ます。ユーザーエージェントの判別からPCとスマホサイトの出し分けなどを行えます。

それではその基本となるユーザーエージェントの取得方法について解説します。

PHPでユーザーエージェントを取得する方法

以下のコードでユーザーエージェントの取得が行なえます。$_SERVERはサーバー変数でWEBサーバーから送られてくる情報が格納されており、その中のHTTP_USER_AGENTの値を取得しています。

ユーザーエージェントの取得

echo $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];

実際に上記のコードでユーザーエージェントを取得して表示したサンプルコードは下記となります。

上記のプレビューを見るとあなたのユーザーエージェントが表示されているかと思います。

このようにphp$_SERVER['HTTP_USER_AGENT']を使えば簡単にユーザーエージェントを調べる事ができます。

今だけ
無料

【5月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを5月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを5月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次