PHPで文字列の中にスペースを挿入する方法を解説!

PHPで文字列の中にスペースを挿入する方法についてご紹介します。カード番号や郵便番号の体裁を整え、可視性を高めるのに役立ちます。

コンテンツ [表示]

  1. 1PHPで文字列の中にスペースを挿入したい
  2. 2PHPで文字列の中にスペースを挿入する方法
  3. 2.1PHPで文字列の桁数毎に空白を挿入する
  4. 2.2PHPで特定の文字を抽出して空白を挿入する
  5. 2.3PHPで指定箇所に空白を挿入する

PHPで文字列の中にスペースを挿入したい

PHPで文字列の中にスペース(空白)を挿入する方法についてご紹介します。

例えばカード番号を4桁毎に空白で区切ったり、7桁の郵便番号をハイフン(-)で区切るなど、決まったフォーマットに合わせて必要なスペースを挿入する事で、文字列の視認性が高くなります。

Photo bydoki7

PHPで文字列の中にスペースを挿入する方法

PHPで文字列の中にスペースを挿入する方法について、いくつか実例を交えながらかご紹介します。

PHPで文字列の桁数毎に空白を挿入する

文字列を決まった桁数で分割し、間に空白を入れて再度連結するという方法をご紹介します。

ここでは、カード番号へ4桁毎の空白を挿入するサンプルを解説します。

16桁の文字列

$variable = '4012888888881881';

文字列の分割にはstr_split関数を使って4桁毎の配列にします。

文字列を4桁数毎の配列にする

$variableSplit = str_split($variable, 4);

配列の連結にはimplode関数を用います。第1引数に連結したい文字をセットします。空白の場合' 'となります。

配列を空白で連結する

$result = implode(' ', $variableSplit);

上記3つを実行した結果が、下記サンプルコードです。

4桁毎にスペースが入って見やすくなりましたね。

PHPで特定の文字を抽出して空白を挿入する

次に、特定の文字を抽出して空白を挿入する方法についてご紹介します。

特定の文字を抽出して置換するには「PHPで特定の文字列を削除する方法を解説!」でもご紹介したstr_replace関数を用います。

カード番号

$variable = '4012-8888-8888-1881';

「-」を「空白」へ置換する

$variableReplace = str_replace('-', ' ', $variable);

サンプルの実行結果では、こちらも同じよう4桁毎に空白が入って見やすくなりました。

PHPで指定箇所に空白を挿入する

郵便番号の様に3桁-4桁の様に、指定箇所に空白を挿入したい場合には、substr関数を使って、文字列から指定文字を抽出して連結します。

それでは郵便番号の成型をサンプルとして解説していきます。

7桁の文字列

$variable = '1638001';

まず、7桁の文字列から先頭3桁を抽出します。

先頭から3桁抽出

$start = substr($variable, 0, 3);

次に先頭3桁を除いて、末尾までの文字列を抽出します。

先頭3桁から末尾までを抽出

$end = substr($variable, 3);

抽出した文字列の間に空白を入れて連結します。

文字連結

$start . ' ' . $end;

郵便番号らしく空白の代わりにハイフン(-)を使って実行してみましょう。

7桁の文字列が郵便番号に見えるようになりました。



ここで登場したstr_replace関数・rtrim関数については、下記にて解説しています。
ぜひあわせて確認してみましょう。

あわせて読みたい
PHPで特定の文字列を削除する方法を解説!のイメージ
PHPで特定の文字列を削除する方法を解説!
文字列の中から、PHPで特定の文字を削除する方法について解説していきます。PHPでの文字列削除にはいくつかの方法がありますが、その中から代表的な方法をご紹介します。

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを5月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事