JavaScriptでフォームのsubmitを無効化する方法を解説!

HTMLのフォームではsubmitボタンやテキストフィールドでEnterキーを押すことでsubmitされますが、JavaScriptを使ってフォームのsubmitを無効化する方法をサンプルコード付きで解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1JavaScriptでフォームのsubmitを無効化する方法

HTMLのformタグでフォームを作成し、最後submitする際に無効化したい時があるとします。

その際にsubmitボタンを押す、またはテキストフィールドでEnterキーを押してsubmitしようとしても無効化する方法を解説していきます。

JavaScriptでフォームのsubmitを無効化する方法

それでは実際にサンプルコードを使ってフォームのsubmitを無効化させる方法を解説していきます。

下記のサンプルコードを見てみましょう。

上記のサンプルコードでは「送信」ボタンを押しても、またはテキスト入力欄でEnterキーを押してもsubmitされません。

これはformタグのonsubmit属性にsubmitしないためのJavaScriptのコードを記述しているためです。onsubmit属性ではfalseを返すことでそのフォームはsubmitしなくなります。

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次