JavaScriptでリロードする方法をサンプルコード付き解説!

JavaScriptでリロードする方法をサンプルコード付きで解説します。JavaScriptで現在のページをリロードするには.reload()メソッドを用いれば簡単に実行することができます。ではその方法について見ていきましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1JavaScriptでリロード(再読み込み)したい
  2. 2JavaScriptでリロード(再読み込み)する方法
  3. 3まとめ

JavaScriptでリロード(再読み込み)したい

JavaScriptで現在のページをリロード(再読み込み)して情報を更新したいという場合があります。

今回は以下のサンプルコードの時間をリロードによって更新します。

JavaScriptでリロード(再読み込み)する方法

ではJavaScriptでリロード(再読み込み)する方法について解説します。

今回JavaScriptでリロードするために「リロード」ボタンを作ります。

そしてJavaScriptで現在の画面をリロードするにはaddEventListenerでクリックされた時に、location.reload();とすれば実行できます。

ではサンプルコードで確認してみましょう。

上記のように「リロード」ボタンを押すと時間が更新されることが分かります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひここで紹介した方法を用いて、何か情報を更新させたいという場合に活用してみて下さい。

今だけ
無料

【5月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを5月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを5月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次

西村卓也
ライター

西村卓也

HTML/CSS/JSに関する記事を執筆しています。よろしくお願いします。