PHPのecho文の使い方をサンプルコード付きで紹介!

PHPのecho文の使い方をサンプルコード付きで解説していきます。文字列を出力して表示するecho文で変数を展開する方法や、複数の値を渡して表示する方法などecho文について使い方をまとめて紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1PHPのecho文の使い方
  2. 1.1基本
  3. 1.2引数の文字列の指定の仕方
  4. 2PHPのecho文で変数を表示する方法
  5. 2.1変数のみ
  6. 2.2変数と文字列を連結させる
  7. 2.3変数展開
  8. 2.4echo文に複数渡す
  9. 3まとめ

PHPのecho文の使い方

PHPのecho文は1つ以上の文字列を渡す事で、その文字列を出力して表示する機能を持っています。

今回はPHPのecho文の基本から、echo文に変数を渡し表示する方法など使い方をまとめて解説していきます。

基本

まずはecho文の基本から見ていきましょう。

echo文で文字列を表示

// echo文の使い方①
echo "表示したい文字列";

// echo文の使い方②
echo("表示したい文字列");

上記のようにecho文に文字列を渡すことで、その文字列を出力して表示します。

またecho文にはカンマで区切り複数の文字列を渡すことが出来ます。

echo文で文字列を表示

// echo文の使い方③
echo "表示したい文字列1", "表示したい文字列2";

引数の文字列の指定の仕方

次にecho文に渡す文字列自体の指定の仕方を紹介します。PHPでは文字列といっても指定の仕方は2つあります。

その指定の仕方により、この後紹介するecho文で変数を表示するやり方にも影響が出てきます。

シングルクォーテーション

シングルクォーテーションで囲むことで、PHPでは文字列としてデータを定義出来ます。

文字列

echo 'これは文字列です。';

しかし、もしもシングルクォテーションの文字列の中に変数を入れると、記述どおりそのまま表示されます。

文字列

$name = "ポチ";
echo '犬の名前は$name';

→結果: 「犬の名前は$name」

もしも変数の中身を表示したい場合は、ダブルクォーテーションを使うようにしましょう。

ダブルクォーテーション

PHPではダブルクォーテーションで囲む事でも、文字列を表現出来ます。

文字列

echo "これは文字列です。";

ダブルクォーテーションの場合は変数の展開が可能です。ただし変数展開できる場合と出来ない場合があります。

変数が文字列の最後に来るような下記のパターンでは無事に変数展開されます。

【成功パターン】変数展開

<?php
$name = "ポチ";

// 文末に変数
echo "犬の名前は$name";

→結果: 「犬の名前はポチ」

一方で下記のように変数の位置がダブルクォーテーションで囲んだ文字列の文末以外の場合は、変数は展開されません。

【失敗パターン】変数展開

<?php
$name = "ポチ";

// 文末に変数
echo "犬の名前は$nameです。";

→結果: 「犬の名前は」で終わる

これはPHPが「$nameです。」を変数を解釈したためでそれ以降では、もちろんそんな変数は何もないため、以降は表示されなくなります。

文中でも変数を展開したい場合は次章の変数展開のやり方で可能となります。

PHPのecho文で変数を表示する方法

それではecho文で変数を表示する方法の紹介です。

変数のみ

echo文に渡す対象が変数1つの場合は変数の中身が表示されます。

変数のみ

$name = "ポチ";

// 変数そのまま
echo $name;

→結果: 「ポチ」

// ダブルクォーテーション
echo "$name";

→結果: 「ポチ」

echo文に変数のみを渡す場合はダブルクォーテーションを付けても付けなくても、変数の中身が表示されます。

変数と文字列を連結させる

PHPでは変数と文字列はピリオド(.)の記号で連結が可能です。

変数と文字列を連結

$name = "ポチ";

// 変数と文字列を連結
echo "犬の名前は".$name."です。";

→結果: 「犬の名前はポチです。」

変数展開

echo文ではダブルクォーテーションの文字列の中で中括弧{}により変数展開が可能です。

変数と文字列を連結

$name = "ポチ";

// 変数と文字列を連結
echo "犬の名前は{$name}です。";

→結果: 「犬の名前はポチです。」

文字列の連結では、ピリオドを忘れたりダブルクォーテーションの開始・終了のミスがありがちですが、その点変数展開の方がシンプルでミスが少なくなりおすすめです。

echo文に複数渡す

またecho文では複数の値が渡せますので、下記のように変数が単独となる形で渡すという方法もありです。

echo文に複数の値を渡す

<?php
$name = "ポチ";

// 変数と文字列を連結
echo "犬の名前は", $name, "です。";

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したいずれの形でも変数を出力して表示することが可能です。

どのやり方でいくかは好みにもよりますが、ぜひどれか一つのやり方をメインのやり方に据えてPHPで開発をしていきましょう!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次