PHPの<?php echo $ret;?>の省略した書き方を紹介!

PHPのはHTMLの中でPHPの変数などを文字列として出力し、ブラウザで表示するときによく使われます。この記事ではPHPのの省略した書き方をサンプルコード付きで紹介しています。

コンテンツ [表示]

  1. 1PHPの<?php echo $ret;?>の省略した書き方

PHPではphpファイル内の開始タグと終了タグ(<?php ?>)を探して、タグが見つかると、その中のPHPのコードを実行します。

PHPのコードのみを記述する際には終了タグが省略されるケースもありますが、HTMLでコードの中にPHPの変数などを組み込む場合などはHTMLのコードとPHPのコードを区別するためにも開始タグと終了タグを記述する必要がります。

HTMLの中にPHPのコードを埋め込む際によく使われるのは、PHPの変数を文字列として出力させる<?php echo $ret; ?>という処理です。これでブラウザで動的な値を表示することができるようになります。

ただ、この<?php echo $ret; ?>には省略した書き方が存在します。その省略した書き方について紹介します。

PHPの<?php echo $ret;?>の省略した書き方

PHPの<?php echo $ret; ?>を省略した書き方はこちらになります。

省略形

<?= $ret ?>

すごく簡単ですね。コードもスッキリして読みやすくなったのではないでしょうか?

サンプルコードでちゃんと表示されるか確認してみましょう。

ちゃんとどちらの書き方でも同じ文字列が出力されているのが確認できますね。

<?php echo $ret; ?><?= $ret ?>の書き方は書き方が違うというだけで処理速度はほとんど変わりません。コードがすっきりするという点では省略形の方が良いですが、それ以外のメリットはさほどないのではないでしょうか。

結論としてはどちらを使っても構いませんが、省略形が記述されたコードでも意味がすっと理解できるようになっておきましょう。

GeekHive採用サイト

関連記事