GitでリモートのリポジトリのURLを確認する方法!

GitでリモートのリポジトリのURLを確認する方法を紹介します。git remote -vやgit config --get remote.origin.urlなどいくつかやり方があり、それぞれでのコマンドや実行結果を紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1GitでリモートのリポジトリのURLを確認する方法
  2. 1.1リモートリポジトリ全部のURLを確認したい場合
  3. 1.2リモートリポジトリを指定してURLを確認したい場合
  4. 1.3その他の方法
  5. 1.4まとめ

GitでリモートのリポジトリのURLを確認したいケースを考えます。git cloneした時に指定したURLですが、後から確認する場合はコマンド一発でURLを確認することが出来ます。

何パターンかやり方ありますので、順番に紹介します。

GitでリモートのリポジトリのURLを確認する方法

リモートリポジトリ全部のURLを確認したい場合

下記のコマンドを実行してみましょう。

git remote -v

git remote -v
origin	git@github.com:qumeru/qumeru.git (fetch)
origin	git@github.com:qumeru/qumeru.git (push)

git remote -voriginupstreamで登録したリモートリポジトリのURLを確認することが出来ます。

リモートリポジトリを指定してURLを確認したい場合

リモートリポジトリを指定してURLだけをシンプルに取得したい場合は下記のコマンドがおすすめです。

git config --get remote.origin.url

git config --get remote.origin.url
git@github.com:qumeru/qumeru.git

その他の方法

その他リモートリポジトリを確認する方法はいくつかあります。まとめて紹介します。

その他リモートリポジトリのURLを確認する方法

git remote show origin

git config -l

cat .git/config

まとめ

今回紹介したいずれの方法でもリモートリポジトリのURLを確認することが出来ます。一方でリポジトリのURL以外に付加的な情報も表示される場合があります。

シンプルにURLだけ知りたいのか、他の情報も見ておきたいのかによって利用すべきコマンドは人それぞれ変わってきます。

ぜひいくつか試してみて、いずれかを採用してみて下さい。

今だけ
無料

【7月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次