CentOSで64bitか32bitか確認する方法をご紹介!

CentOSで64bitか32bitか確認する方法をご紹介します。archコマンドはunameコマンドで返ってくる結果でマシンが64bitか32bitかを判断することが出来ます。ぜひ参考にして下さい。

コンテンツ [表示]

  1. 1CentOSで64bitか32bitか確認する方法
  2. 1.1archコマンドで確認
  3. 1.2unameコマンド

CentOSが64bitなのか32bitなのか確認する方法はいくつかあります。順番に紹介していきます。

下記いずれかの方法でお試し下さい。

CentOSで64bitか32bitか確認する方法

archコマンドで確認

archコマンドはマシンのアーキテクチャの情報を返すコマンドです。CentOS上で実行してみましょう。

archコマンド

arch
x86_64

結果としてはx86_64がかえってきました。これはarchコマンドを実行したマシンが64bitであることを表しています。

ちなみに32bitの場合はi686i386といった表記が返ってきます。

unameコマンド

同様にマシンのbit数を確認できるコマンドにunameコマンドがあります。unameコマンドはシステム情報を表示するコマンドです。

unameコマンド

uname -m
x86_64

unameコマンドに-mオプションを付けて実行すると、archコマンドと同じ結果がかえってきました。

archコマンドの結果と同様にx86_64は64bitであることを、i686i386といった表記は32bitであることを表しています。

ちなみにより詳細なシステム情報がほしい場合は下記のように-aオプションをつけて実行しましょう。

unameコマンド

uname -a
Linux ip-172-31-39-57.ap-northeast-1.compute.internal 4.14.94-89.73.amzn2.x86_64 #1 SMP Fri Jan 18 22:36:02 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
GeekHive採用サイト

関連記事