php-fpmの再起動方法をご紹介!

php-fpmの再起動の方法をコマンドで紹介していきます。環境や利用
されているphp-fpmのバージョン毎に再起動の方法は異なります。ご自身の環境にあった方法を見つけましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1php-fpmの再起動方法
  2. 1.1起動スクリプトで再起動
  3. 1.2systemctlコマンドで再起動
  4. 1.3serviceコマンドで再起動
  5. 1.4brew(Mac)で再起動

PHPはWordPressなど有名なブログシステムでも利用されているメジャーな言語でPHPをphp-fpmで動かしている方は多いと思います。

今回はphp-fpmの再起動の方法を紹介していきます。php.iniの更新などサーバー再起動が必要になる場合にご利用下さい。

またphp-fpmの再起動方法はそれぞれの環境や利用しているバージョンによって異なりますので、ご自身の環境にあったやり方を順番に紹介する中で見つけましょう。

php-fpmの再起動方法

それでは各環境毎にphp-fpmの再起動の方法を紹介していきます。

またphp-fpmの再起動にrootユーザーである必要があれば、これから紹介する再起動コマンドの先頭にsudoをつけて実行しましょう。

起動スクリプトで再起動

/etc/init.d/php-fpm restart 

/etc/init.d/php5-fpm restart 

/etc/init.d/php7.0-fpm restart

systemctlコマンドで再起動

systemctl restart php-fpm.service

systemctl restart php5-fpm.service

systemctl restart php7.0-fpm.service

serviceコマンドで再起動

service php-fpm restart

service php5-fpm restart

service php7.0-fpm restart

brew(Mac)で再起動

brew services restart php@7.3
(バージョンは利用されている環境毎にかえる)
今だけ
無料

【7月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを7月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを7月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次