MySQLで設定されている外部キー制約の確認方法!

MySQLで設定されている外部キー制約の確認方法を解説します。DESCやDESCTIBE構文では取得できないテーブルの外部キー制約はSHOW CREATE TABLE構文を使って取得しましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1MySQLで設定されている外部キー制約の確認方法

MySQLで設定されている外部キー制約の確認方法

MySQLでは外部キーの制約を確認するには下記のコマンドから確認することが出来ます。

外部キーの制約を確認するコマンド

SHOW CREATE TABLE テーブル名;

SHOW CREATE TABLE構文は指定したテーブルに対して、テーブルを作成するCREATE TABLE文を表示します。

SHOW CREATE TABLE構文の結果は下記のような形になります。

SHOW CREATE TABLEの結果

CREATE TABLE `tags` (
  `id` int NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `name` varchar(255) NOT NULL,
  `description` text,
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=1 DEFAULT CHARSET=utf8mb4

上記の結果のように、SHOW CREATE TABLE構文でPRIMARY KEYの設定など、テーブルの外部キーの設定を含むCREATE TABLE文の結果を得ることが出来ます。

この中で外部キーが設定されているか確認するようにしましょう。

ちなみにテーブルの列についてはDESCDESCRIBE構文で確認している方もいるかと思いますが、外部キーの制約を確認するにはSHOW CREATE TABLE構文を使う必要がありますので注意しましょう。

今だけ
無料

【5月31日まで】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを5月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを5月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次