php.iniの場所を確認する方法をご紹介!

php.iniとはPHPのプログラムを動かすための設定ファイルで、タイムゾーンやメモリ上限など様々な項目が設定されており編集することで設定情報を変更することができます。この記事ではそんなphp.iniの場所を確認する方法を紹介していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1php.iniの場所を調べたい
  2. 2php.iniの場所を確認する方法
  3. 2.1コマンドラインで確認
  4. 2.2phpinfo関数で確認

php.iniの場所を調べたい

php.iniとは、PHPのプログラムを動かすための設定ファイルです。

エラーレベルやタイムゾーン、日本語化、メモリの上限など様々な項目が設定されています。これらの項目の値を変更するのにphp.iniを編集します。

そういった場合もちろんphp.iniの場所(パス)を知る必要があります。しかし、このphp.iniはインストールされた状況によって配置されている場所が異なります。そんな時、闇雲にphp.iniを探すのでは効率的とは言えませんし、全然見つからない可能性すら出てきそうですね。

この記事ではそんなphp.iniの場所を確認する方法を紹介していきたいと思います。WEB開発のみならず、WEB制作でもCMSのWordPressはPHPで作られていますので、php.iniを編集する機会があるかもしれませんのでぜひ参考にしてくださいね。

php.iniの場所を確認する方法

php.iniの場所を確認する方法は大きく分けて2つ「コマンドラインで確認する」方法と「phpinfo関数で確認する」方法があります。

コマンドラインで確認

コマンドラインで確認する場合は、--iniオプションを付けてphpコマンドを実行することで確認できます。

> php --ini
Configuration File (php.ini) Path: C:\WINDOWS
Loaded Configuration File:         C:\xampp\php\php.ini
Scan for additional .ini files in: (none)
Additional .ini files parsed:      (none)

これでphp.iniファイルはC:\xampp\php\php.iniに配置されていることが確認できました。

phpinfo関数で確認

phpinfo関数を使うことでWEBブラウザ上で確認することもできます。

<?php
phpinfo();
phpinfo画像

phpinfo関数を実行することで、php.iniで記述されたPHPの設定情報を確認することができます。その設定項目一覧の中でphp.iniの場所を確認することができます。

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを5月31日までの期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを5月31日まで期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次

みぎさん
ライター

みぎさん

大阪府の現役システムエンジニアです。WEB制作やWEB開発、ライティングなど幅広く活動しております。 【言語/FW】HTML,CSS,Sass,JavaScript,jQuery,Vue.js,PHP,WordPress,Laravel,Java