JavaScriptでfalseになるもの一覧を紹介!

JavaScriptでfalseになるもの、つまりfalsyな値の一覧を紹介します。プログラミング言語毎にfalsyな値は異なるため、JavaScriptでfalsyとなる値をしっかり把握しておきましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1JavaScriptでfalseになるもの一覧

JavaScriptでfalseと評価されるもの、つまりfalsyなものを紹介していきます。

falsyとなるものについてはプログラミング言語によって微妙に異なるので注意が必要です。ここでJavaScriptでfalseと評価されるものを把握しておきましょう。

JavaScriptでfalseになるもの一覧

falseになるものを最初に一覧で紹介します。

  • false:偽を表すブール値
  • "":空文字
  • NaN:非数
  • 0:数値のゼロ
  • -0:数値のマイナスゼロ
  • undefined:未定義値
  • null: 値が何も存在しない

次にそれぞれサンプルコードの中でif文の条件式に入れて、本当にfalseと評価されるか確かめてみましょう。

上記のサンプルコードではif文に対象の値を今回は論理否定演算子の「!」を付与し、値がfalseで評価されればif文が通るようにしています。

結果はプレビューに表示されている通り、全ての値がfalseと評価されます。

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習が出来るカリキュラムを期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひカリキュラムをお試し下さい!

関連記事

【期間限定】全カリキュラム無料で提供中!

Qumeru[クメル]ではプログラミング学習の全カリキュラムを期間限定で無料で提供しています。

無料登録することで、すぐにプログラミング学習を始められます。ぜひお試し下さい!

目次