利用しているjQueryをバージョンを確認する方法!

自分のサイトや他のサイトで利用しているjQueryのバージョンを簡単に調べる方法を紹介します。その上でjQueryが最新なのか、jQueryの対応ブラウザについてもあわせて紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1利用しているjQueryをバージョンを確認する方法
  2. 2jQueryの最新バージョンと対応ブラウザはどうやって確認する?
  3. 2.1jQueryの最新バージョン
  4. 2.2jQueryの対応ブラウザ

自らの、あるいは他のサイトで使われているjQueryのバージョンを調べたい場合はChromeの開発者ツールを開き、1行コードを実行するだけで確認することが出来ます。

そのやり方を解説します。

利用しているjQueryをバージョンを確認する方法

まずjQueryのバージョンを調べたいサイトを開き、Chromeのデベロッパーツールを開きましょう。

Chromeのデベロッパーツールをキーボードショートカットで開くには下記を押しましょう。

Chromeでデベロッパーツールをショートカットで開く

[WindowsのChrome]
Ctrl + Shift + I
または
F12

[MacのChrome]
Command + Option + I
デベロッパーツールのConsoleタブ
デベロッパーツールが開いたら、Consoleタブを開きましょう。Consoleタブではコードを記述することが可能で、記述したJavaScriptを実行することが出来ます。

Consoleタブが開いたら下記の1行のコードを記述してEnterキーでコードを実行しましょう。

jQueryのバージョンを調べるJavaScriptコード

$.fn.jquery
jQueryのバージョンが表示された例
上手く行けばこのようにjQueryのバージョンが表示されます。この例だとバージョンの3.5.1が表示されていますが、これは該当サイトで利用されているjQueryのバージョンが3.5.1を利用している事になります。
jQueryを利用していないサイトの場合
もしこのように「Uncaught TypeError: Cannot read property 'jquery' of undefined」と表示された場合は、該当サイトではjQueryは利用されていない事になります。

この方法はjQueryをダウンロードして利用している、CDNで読み込みして利用している場合でも、圧縮版(min)を利用している場合でも確認できる方法です。

ぜひお試し下さい。

jQueryの最新バージョンと対応ブラウザはどうやって確認する?

jQueryの最新バージョンと対応ブラウザですが、時間とともに変わる情報ですので、ぜひ公式サイトをチェックするようにしましょう。

jQueryの最新バージョン

下記の公式のダウンロードページから最新バージョンを確認出来ます。2020年12月15日現在では3.5.1が最新バージョンとなっています。

Download jQuery | jQuery
jQuery: The Write Less, Do More, JavaScript Library

自分のjQueryが最新版なのかどうかは常に公式の情報を参考にするようにしましょう。

jQueryの対応ブラウザ

対応ブラウザもアップデートともに、変わってきますのでこちらも公式の情報を頼りにしましょう。下記は公式のブラウザ対応を記述したページです。

Browser Support | jQuery
jQuery: The Write Less, Do More, JavaScript Library

2020年12月15日現在の対応ブラウザです。

Desktop

  • Chrome: (Current - 1) and Current
  • Edge: (Current - 1) and Current
  • Firefox: (Current - 1) and Current, ESR
  • Internet Explorer: 9+
  • Safari: (Current - 1) and Current
  • Opera: Current

Mobile

  • Stock browser on Android 4.0+[1]
  • Safari on iOS 7+

現在のサポートブラウザは公式にあるこちらのブラウザです。

もしIE6-8やOpera12.1xやSafari5.1+から対応する必要があれば、ダウングレードしてjQueryの1系を利用しましょう。
(もちろんダウングレードすると、使えなくなるメソッドやプラグインもあるかと思いますので、動作確認は必須です)
GeekHive採用サイト

関連記事